院長のつぶやき

院長のつぶやき

  • みなさん運動していますか?

    運動は本来からだにいいものと

    いわれていますが

    体調を崩すことなく運動するには

    それに応じた食事が必要です

     

    女性ホルモンには骨を丈夫にする

    働きがあるので

    ハードな運動で月経が止まってしまうのは

    骨の発育にはむしろ良くない

    ということがわかってきました

    骨は10代のころにしか強くできないので

    ちゃんと月経が来る状態で

    運動することが大切ですね

  • 月曜の祝日が増え

    夏休みやゴールデンウィークに限らず

    旅行に行きやすくなりましたね

     

    みなさんはどんな時に

    旅行に行きたくなりますか?

    私はおいしい朝食が食べたくなったときに

    無性に旅行に行きたくなります

    (とはいえ朝ごはんのためだけに

     旅行に行くことはできないのですが)

     

    旅行前には月経の移動をお忘れなく!

  • PMSとは

    月経前症候群のことです

     

    開業してから多くのPMSの方を

    治療してきましたが

    本当に皆さん多彩な症状でお悩みです

     

    月経前に便秘になったり

    やたら甘いものが食べたくなったり・・・

     

    「これくらいなら許容範囲内です」

    という方もおられますが

    「本当につらくて困っています」

    というレベルの方もおられます

     

    迷ったときはとりあえずご相談に来てくださいね

    お悩みに合わせた治療を提案させていただきます

  •  

     

    妊娠中のインフルエンザの予防接種

     インフルエンザの予防接種は

     ママおよびおなかの赤ちゃんには問題ありません

     妊娠初期からでもワクチン接種が可能です

     

    防腐剤フリーでご用意しています

     防腐剤による赤ちゃんへの影響はないとされています

     ただ、気にされる妊婦さんも多いようですので

     当院では妊娠中の方には

     水銀の入っていないワクチンをご用意しています

     

    赤ちゃんへの影響は?

     おなかの赤ちゃんへも免疫力が伝わるため

     生まれた後の赤ちゃんもインフルエンザに

     かかりにくくなります

     ぜひ予防接種を受けて下さい

     妊娠中にインフルエンザにかかることのほうが

     リスクが高いのです

     

    妊娠中でなくても受けられますか

     当院では妊婦さんだけでなく

     不妊治療中の方、受験生や

     そのご家族さまなど

     どなたでも予防接種を受け付けています

     これからの季節の対策に是非!

  • なぜ不調になるの?

     女性ホルモンの減少による

     変化が起こる時期を

     「更年期」といいます

     だいたい平均で45歳から55歳くらいですが

     広い意味では卵巣機能が低下しはじめる

     40歳くらいから65歳くらいです

     更年期の症状は

     女性ホルモンの減少以外にも

     環境の変化や、ストレスへの抵抗力や

     家族関係などいろいろな要素が

     からみあっておこります

     

    病気でないと自己判断してませんか?

     更年期の症状には気持ちも影響しますが

     だからといって、

     これは気のせいだ、

     気持ちの問題だと見過ごしてはいけません

     

    どんな症状があれば受診?

     更年期の症状が重くても軽くても

     気軽に受診してみてください

     ほかの人には大した問題じゃなくても

     あなたにとってつらいなら

     我慢せずに一度相談に来てください

     更年期の治療はいろいろあります

     あなたの症状やライフスタイルに

     あった治療を一緒に相談しましょう

  • ピルではない避妊法

    ピルではない避妊法といっても

    コンドームのことではありません。

    ミレーナというもう一つの避妊法です。

     

    ミレーナとは

    避妊効果が5年あり、

    さらには月経量が多くて困っている方や

    生理痛がひどい方に対しても効果がある

    子宮内避妊システムです。

    (もちろん途中で妊娠したくなったら

    やめれば元の状態に戻ります)

     

    ミレーナの良いところ

    ・長期間有効

      ピルより高い避妊効果を持ち、5年間まで使用できる

    ・月経が楽になる

      痛みや量が緩和されます。

      子宮体癌に対する予防効果も期待できます

    ・値段が安い

      ピルやほかのホルモン剤に比べると安い

    ・満足度が高い

      一度装着してしまえば5年間は交換不要のため

      ピルのような飲み忘れもなく、

      高血圧や喫煙、肥満などのリスクがある方でも使用可能

      血栓症のリスクもありません

     

    ミレーナの欠点

    ・3か月以内に自然に脱出してしまうことがまれにある

    ・子宮の形によっては使用できない場合がある

    ・最初、少量の出血が持続する方がいる

     

    避妊目的の場合は私費診療になりますが

    過多月経などの治療目的の方に限り

    保険が適応されます。

  • 当院では妊婦検診の際に

    毎回、エコー写真をお渡ししています。

    毎回4Dエコーを行い、ベストショットを

    プリントアウトしたものを差し上げています

    でも、4Dエコーでは見えないときも

    白黒の画像でも動いているところが

    かわいらしく写ることもあり、

    妊婦さんの中には携帯で

    動画を取りながら検査を受ける方も。

     

    3D/4Dエコーや写真は無料

    当院で妊婦検診を受ける方は毎回の

    3D/4Dエコーや写真は無料です。

    検診以外で3D/4Dエコーを受ける場合は

    有料となっております。

    (だいたい妊婦検診1回分の値段です)

    また、普段は他院で検診を受けているけど

    思い出作りのため

    3D/4Dエコーだけ受けることも可能です。

     

    4Dエコーお勧めの時期

    妊娠10週くらいまで

     赤ちゃんはかろうじて見えますが、

     まだ小さいためあまりはっきりと見えません

     動いているところがなんとなくわかる程度

     

    妊娠11-15週

     手や足、頭、体がどこなのかわかる感じです

     くねくね動いたりするのがみえます

    妊娠16-20週

     まだ赤ちゃんが小さいので全身が見えます

     なんとなく顔がわかるかなという感じ

     徐々に大きくなると全身が見えなくなるので、

     全身が見えるのはこの時期だけのお楽しみですね

     

    妊娠20-28週

     顔や指の動きが徐々に

     はっきりしてきます

     赤ちゃんがカメラのほうを

     向いてくれるかどうかが決め手です

     にこっとしたり、悩んだような顔をする子も。

     顔にもそれぞれの個性が出てきます。

    妊娠30週以降

     顔の前に手があったり、

     顔の前の羊水が減ってくるので

     顔がきれいにみるチャンスが減ってきます

     ただ、お顔が見えた場合は

     実際に生まれてくる顔とほぼ同じ顔!

  • いよいよ暑くなり

    夏休みが近づいてまいりました。

    海や山、リゾートやテーマパークなど

    この夏のご予定は決まりましたか?

    夏休みも近くなり

    月経移動希望の方の受診が増えております。

     

    旅行の計画が決まったら

    次は、月経の計画です。

    楽しいご予定のときに

    月経が重なってしまったら

    楽しさ半減ですものね。

     

    月経をずらしたいという希望がある方は

    ご予定が決まったらまずはご相談に。

    1か月くらい前に来てくださったら万全ですが

    1週間くらい前でも遅らせることは可能です。

     

    中・高生の部活の試合などでも

    月経をずらしたい場合は

    相談に来てくださいね。

  • 子宮がん検診、お勧めです!

    各市町村から子宮がん検診の

    クーポン券が配布されていると思います

    子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんがあり

    市町村によっては両方の検査が

    クーポンの対象になっていると思います

    非常にお得なクーポンなので

    ぜひ検査を受けることをお勧めします

     

    とくに子宮頸がんは早期に見つかるため

    子宮を失ったり、生命に危険がおよぶ前に

    発見できる可能性が高いといわれています。

     

    異常が見つかったら?

    検診で引っかかった場合

    「どうしよう・・・」と悩む前に

    受診してください。

    他院で受けたものであっても

    その結果にどんな意味があるのか

    今後どんな検査をすべきか説明したうえで

    当院でも精密検査(2次検査)を行うことが

    可能です。

  • 月経で困ったことはありませんか

    月経でどんなことがあったら

    受診したらいいのか

    困ったことはありませんか?

     

    どこまでが正常で

    どういう場合に受診したらいいか

    目安にしていただけたらと思います

     

    月経が来ない場合

     妊娠していないのに

     これまで来ていた月経が3ヶ月以上来ない場合は

     受診を検討してみて下さい

     ちなみに妊娠の可能性がある場合は

     3ヶ月も待っていてはいけません

     

    月経の量が多い場合

     当たり前のことですが

     月経の量を人と比べることは

     できないと思います

     ですので多いか少ないかわからないという方が

     多いと思います

     1〜2時間でナプキンが

     いっぱいになってしまう場合は

     多いかもしれません

     また、毎年健康診断を受けている方であれば

     貧血で引っかかってしまう方も

     月経量が多い可能性大です

     

    参考にしてみてください。

    この続きはまた今度。

  • こうちウィメンズクリニック

    富山県魚津市吉島1丁目8-10
    TEL 0765-32-3323

  • 受付時間
    9:00〜12:30
    15:00〜18:30

    ※休診日 木曜午後、土曜午後、日・祝日