院長のつぶやき

院長のつぶやき

  • 12.292018

    12月29日

    本日29日は当院の仕事納めです。

    昼休みはなく9時から17時まで

    診療を行っております。

     

    今年は暖冬だとうかれていたら

    最後の最後に寒波がやってきましたね。

    (油断なりませんねぇ・・・)

     

    今年も一年無事に診療できましたのも

    受診していただいている患者さん、

    診療にご協力いただいている医療関係者の方々、

    いろいろな方のおかげでした。

    ありがとうございました。

    来年もスタッフ一同

    当院を選んでよかったと思っていただけるよう

    誠心誠意、診療を行ってまいります。

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

     

    年末年始は30日から1月4日までお休みをいただき

    ご迷惑をおかけしますが

    ご理解のほどよろしくお願いいたします。

  • 更年期は嫌なことばかりではありません

    (もちろん嫌でしょうけど・・・)

    更年期は自分の心と体の声に耳を傾け

    健やかなライフスタイルへと

    変化させていくチャンス!なのです

    この時期を上手に過ごして

    人生の後半戦を楽しめればうれしいですね

     

    では今回は更年期障害の

    セルフケアについてです

    更年期にはセルフケアも大切!

     適度な運動

     バランスの良い食事

     質の良い睡眠

    セルフケアの3本柱ですね

    実は更年期は食生活を見直す良い機会なのです

    良質なたんぱく質やミネラルを

    バランスよく摂取することがお勧めです

    どうしてもバランスよく取れない場合は

    足りないものをサプリメントで取り入れることも

     

    更年期症状にはエクオールという

    大豆由来のサプリメントが効くと有名ですが

    気になる方はまず8週間試してみてはいかがでしょう

    (薬局で買えると思います)

     

    更年期にはベットに入っても寝付けない、

    早朝に起きてしまうなど

    ただでも睡眠トラブルがおおいのですが、

    睡眠のお薬を飲む前に

    生活習慣の見直しで改善する場合もあります

     

    また、女性は香りから受ける影響も大きいので、

    アロマの活用などもお勧めですね

     

    どんな人にも更年期は訪れる

    更年期は誰にでも訪れるもので

    これを辛いものとして我慢して過ごすのではなく

    これまでの生活習慣や体調を見直し

    改善できるものを一つずつ試していく機会と考えてください

    更年期になり一気に症状が出てくるように思えますが

    実はそれまでの積み重ねがあり

    更年期の時期にただその症状が見えるようになってきた

    ということもあるのです

    もちろん女性ホルモンの低下が引き金になっていることは

    間違いないのですが・・・。

     

    せっかくの年末年始のお休みの機会に

    セルフケアについて考えてみてはいかがでしょうか

    それでもつらい症状はいつでもご相談くださいね

  • みなさまにご好評いただいている

    プラセンタドリンクですが、

    注射の代わりに飲む方でというかたも。

    なんといっても注射は即効性がありますが

    ドリンクの持続性も捨てがたい

     

    プラセンタドリンクで年末年始を

     普段は注射をしているけど休みの間もプラセンタを継続したい方、

     注射はちょっと抵抗があるなという方におすすめです

     1本からでもお求めいただけます

     年末年始の「おこもり美容♥」に最適です

     クリニック専売品です

     

    プラセンタの美容効果は

     ・シミの原因となるメラニンの産生を抑える

     ・シワやたるみの修復を促す線維芽細胞の増殖

     ・肌トラブルに影響するストレスを軽減させる

     季節の変わり目の肌トラブルにも、アンチエイジングにも

     免疫力アップにも、これを機にいかがですか?

     

     ご購入には診察や予約は不要です。

  • 子宮がん検診とは

     子宮がんは大きく分けて

     「子宮頸がん」と「子宮体がん」があります

     子宮頸がんは子宮の入り口のほうに発生するがんで

     一定の時間をかけて徐々に進行しますが

     がんの前段階の異形成といわれる段階から

     検診でみつけることが可能です

     

    子宮頸がんは増えています

     子宮頸がんは20-30歳代で増えていて

     初期の段階では自覚症状はありません

     毎年がん検診を受けることで

     早期発見につながります

     県内在住で20歳以上の方には

     子宮頸がんや体がん検診のクーポン券が

     届いているかと思います

     (お住いの自治体によって異なります)

     「まだ早い」「自分には関係ない」と思わずに

     一度チェックしてみてはいかがでしょうか

     

    魚津市以外の方も受けられますよ

     魚津市以外のクーポンも使えますか?

     というご質問と

     急に行って受けられますか?

     というご質問が多いです。

     当クリニックでは魚津市の方はもちろんですが

     他の市町村のものも使用できます

      (富山市を除く)

     ただし多くの市町村は2月末までに期限が来ますので 

     どうぞ期限が切れる前に使ってくださいね

     事前にご予約がある方がお待たせはしませんが

     ご予約がなくても受けることは可能ですので

     思い立った時で結構ですので

     気軽にがん検診を受けていただければと思います

  • 更年期障害の治療についてのお話です

     

    治療にはお薬が必要?

     更年期治療にはお薬を使う治療と

     使わない治療があります

     お薬を使わない治療としては

     1、生活習慣の改善

     2、カウンセリング

     などです。

     お薬を使い治療を行う場合は

     1、ホルモン補充療法

     2、漢方薬

     3、そのほかの対症療法

     がメジャーですね

     

    ホルモン補充療法とは?

     不足している女性ホルモンを補うことで

     現在の症状を緩和し

     閉経後のトラブルを予防していく治療です

     治療には「飲み薬」「貼り薬」「塗り薬」があります

     どの方法がいいかは

     体質や症状、希望に合わせて選択されます

     ホルモン補充療法には

     ・のぼせやほてり、汗を軽くする

     ・気分の落ち込みや関節痛を和らげる

     ・骨粗鬆症の予防

     ・皮膚のコラーゲンをふやし肌の潤いを保つ

     ・善玉コレステロールを増やし動脈硬化予防

     などいろいろな効果があります

    乳がんのリスクは?

     ホルモン補充療法を行う際、

     乳がんを心配される方がいらっしゃいます

     確かに、乳がんの既往がある方には

     ホルモン療法をしないことが一般的です

     では、ホルモン療法はどれくらい危ないのでしょうか?

     実は、一般的に乳がんのリスクとして知られている

     「喫煙」「飲酒」「肥満」と同じくらいか

     それよりも少ない影響しかないと

     最近の研究で分かっています

     当院ではホルモン療法を受けている方には

     毎年、必ず乳がん検診を受けるよう

     お声がけしています

     

    他の治療法は?

     他にも心身のバランスを整える漢方薬や

     個別の症状に合わせた治療を

     お勧めする場合があります

     いずれにしても

     あなたの希望と、症状にぴったりの

     治療法が見つかるように診療させていただきます

     

  • 当院の骨盤ケアはフランス式の

    ガスケアプローチという方法を取り入れています

     詳しく知りたい方は

    日本ガスケアプローチ協会ホームページ

     をご参照ください

     


     12月、1月クラスのご案内

    時間:毎週木曜日 13:30-14:45まで

     12月6 日、1月10日 基礎クラス

     12月13 日、1月17日 初級クラス

     12月20日、1月24日 エクササイズクラス

     12月27日、1月31日 赤ちゃん連れクラス

     

    基礎クラス:

     自分の体の現状を感じていただき、

     基礎となるエクササイズを1つだけでも

     自宅でも続けていけるようにレッスンしていきます

     3週間続けると、体が内側から変わったことを

     実感できると思います

    初級クラス:

     日常生活の中でもう少し

     自分のケアに時間を取れる方にお勧めです

     簡単な運動やストレッチなども行います

     これから運動を始める時に

     体を傷めないで行うコツをお教えします

    エクササイズクラス:

     基礎・初級クラスを踏まえて

     ウエスト周りをスリムにしたい方や

     尿漏れはあるけど症状を悪化させない方法が

     知りたい方にお勧めのクラスです

    赤ちゃん連れクラス:

     赤ちゃんが泣いてもぐずっても

     おたがいさま。

     安心して連れてきてください

     

    場 所:こうちウィメンズクリニック

    参加費:1回2,000円(消費税込)

    持ち物:タオル、必要な方は飲み物。

      ・動きやすい服装でご参加下さい。

      ・更衣スペースがあります

      ・授乳スペースやおむつ替えのスペースはありません

    定 員:6名以内

     キャンセルの場合はクリニックまで

     事前にご連絡下さい。

     無断キャンセルはご遠慮下さい。

    対 象:どなたでも

     (ただし妊娠後期~産後2ヶ月までのかたはご遠慮ください)

    申し込み方法:事前にクリニックに来院の上、申し込み用紙をお受け取り下さい。

     お申し込みの際に参加費をお支払い下さい。

    *高血圧や喘息など心臓や呼吸器に疾患のある方、

     妊娠中の方は主治医の許可を取ったうえでご参加ください

  • 少し前になりますが

    日本女性医学学会に参加してきました

    基本的には更年期や女性ホルモンに関する

    勉強会です

     

    そこで特別講演に衆議院議員の

    野田聖子さんが講演しておられました

    政治のことはお恥ずかしながら

    全くの無知ですが

    さすがは演説のプロ!

    歯切れのいい、わかりやすいお話でした

     

     

    男女共同参画白書とは

     野田議員の講演で、

     男女共同参画白書なるものについて

     教えていただきました

     平成30年のものをみると

     サッカー選手の澤穂希さんが

     コラムを書いてました

     

     そのコラムの中に

     アメリカでプレーしていた頃

     ほとんどの選手が、10代の頃から

     婦人科で定期検診を受けていたことに

     驚いたことや、

     月経痛は努力や根性では解決できないと

     書いてありました。

     澤さんの引用ばかりで申し訳ないですが

     10代の女性にとって、

     産婦人科受診はハードルが高いため,

     まずは母親同伴で受診し,

     親子で指導を受けることを薦めたいと。

     (もちろん当院は中高生だけでの

     受診も大丈夫です)

     

    興味のある方は一度ネットで検索を

    http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h30/gaiyou/index.html#pdf

    (最初は文字ばかりですが途中にコラムがあります)

  • 12月

     

    2019年1月

     

    受付時間

    9:00-12:30 15:00-18:30

    木・土曜 午前のみ

    毎週木曜13:30-骨盤ケア教室

    日曜・祝日 休み

     

    年末年始は

    12月30日から1月4日まで

    お休みさせていただきます。

    年末年始にお薬がなくなることがないよう

    前もって受診してください

     

  • 当院では

    クレジットカードでのお支払いはできません

     

    ご迷惑をおかけしますが

    ご了承ください

     

  • こうちウィメンズクリニック

    富山県魚津市吉島1−809
    TEL 0765-32-3323

  • 受付時間
    9:00〜12:30
    15:00〜18:30

    ※休診日 木曜午後、土曜午後、日・祝日